紋付袴は日本の男性なら一度は憧れを抱いた方も多いのではないでしょうか。実際に男性の正装といわれているもので、冠婚葬祭に着るものはタキシードやスーツが一般的ですが、紋付袴も根強い人気があります。日本人男性なら、この衣装に袖を通すだけでとてもカッコ良くなり、身長が低くても背が高くても、太り気味でも、痩せ気味でも、どんな体型もカバーしてカッコ良くみせてくれる魔法があります。タキシードが似合わなくても紋付袴なら似合う男性はたくさんいます。昔に比べると、自分のものを持っている方は少ないと言われています。そのような現代にはレンタルがおすすめです。レンタル業者はたくさんあり、自分の予算や日程や好みに合わせて選択することがあり、クリーニング代や郵送料がかからない無料の所もあるのでおすすめです。

紋付袴のレンタルのメリットとは

明治時代以降、西洋からきた洋服の文化が日本に入ってきた関係で、着物類が着られる機会はだんだんとへっていきました。そのため先祖代々から伝わる紋付袴を大事に後世に伝える文化も薄れてきたのが現状です。今の時代親から受け継いだ紋付袴を自分の結婚式に着たり、学生ならば卒業式にきたりする方はあまりいないようです。そんな中、紋付袴に憧れを抱く男性も多いとのことで、和装のレンタル会社は沢山の種類の男性用の和服を展開しています。その中でも袴は特に人気が高いようです。実際に男性が着ると、似合わない男性はいないと言って良いほど日本人男性にはぴったりとハマるようで、リピート率も高く、人気があります。また、黒紋付が一般的ですが、黒の他にも色がついたものや、白紋付、柄ものも最近は支持されています。

レンタルでの注意点を守って素敵な思い出を

レンタルでは、自分の都合に合わせて、予約をしますがその際に万が一キャンセルをしなければならなくなった場合は、キャンセル料が発生する可能性があります。レンタル会社にもよりますが、平均的に着る2週間前後からキャンセル料が発生する確率が高くなります。五日前には100パーセントかかってしまうなどの業者もありますので、きちんと前もって確認する作業が必要です。また、万が一、紋付袴を汚してしまったり、傷を付けてしまった場合などは、クリーニング代や買い取りが発生します。和装は特にお値段に差があり、ものによっては相当高いものも沢山あります。紋付袴は格式の高い和服になるので、着る際などは特に気をつけて注意を払う必要があります。その点を守りながら、レンタルサービスを利用すればとても満足がいき、素敵な思い出となる事でしょう。