男性の和装といえば紋付袴ですが、最近では父親から譲りうけたもののような、先祖代々伝わる紋付袴を着る風習が薄れてきているようです。ですが、和装文化は根強く残っており、学生ならば卒業式に着たり、結婚式に着たりと正装が必要なお祝い事の会には男性を一段と凛々しく見せてくれる服装です。日本の男性のならば一度は着てみたいのではないでしょうか。きっと洋服とは違った、背筋の伸びるような清々しい気分になるのではないでしょうか。そんな紋付袴ですが、最近ではレンタルが人気あります。自分ではなかなか着ることのできない方もレンタルならば提携している着付け業者も紹介してもらえ、自分の都合に合わせて場所や時間が指定できるため、気軽に利用する事ができ、とても人気です。

タキシードが似合わない方にもお勧め

和服とは、もともと日本人の体型に合わせて作られた衣服です。その為、明治時代以降に西洋から入ってきたタキシードなどの洋装は袖や足などの丈が長かったり、身長が低めの男性にはあまり似合わず着るのに丈を詰めたり直しが必要な為に、苦労する事が多いのではないでしょうか。その点、紋付袴は、日本人の低めの身長の男性にもぴったりなサイズに調整する事が出来て、なおかつカッコ良く見せてくれます。タキシードが似合わないと感じる方はたいてい紋付袴が似合うと言われているのも、日本人の特有の体型によることでしょう。ぜひ、冠婚葬祭の際には和装を着て日本男児の凛々しさを体感して頂ければと思います。また最近は袴の色も様々です。一般的な黒紋付の他にも、白紋付など色紋付の袴も人気があります。

紋付袴のレンタルの注意事項とは

今では様々な和装会社が着物のレンタルを行っています。インターネットを通して柄や色を選ぶ事が出来るのと同時に、シチュエーションに合わせて自分の好みを伝えて選んでもらう事もできます。そのような中からお気に入りの紋付袴を見つけたら、レンタルの手続きを行いますが、その際に気をつけなければならない事は、レンタル会社にもよりますが万が一キャンセルをする場合は日数によりキャンセル料が100パーセント発生する事態もあるという事です。次に、紋付袴は正装です。格調高い和装な為に、汚れや傷をつけてしまった場合、買取かお直し代が発生します。着物のお直し代はとても高いので取り扱いには注意が必要です。その二点に気をつければ、紋付袴のレンタルはとても便利なサービスと言えるでしょう。